calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
categories
archives

学校で受ける嫌がらせの対策

最近、娘が小学校で嫌がらせをされるという情報を妻経由で聞いた。

とりあえず娘にアドバイスした。


・孤独にならないこと。相手は、君の隙を狙っている。誰にも迷惑かけまいと一人で抱え込むのは逆効果。卑劣な相手は君が孤独になるとますます攻撃してくる。

・周囲にアピールすること。味方をつくること。君が嫌がらせを受けたことを知っているのが君ひとりだけ、というのは最悪の状況。相手が卑劣な行為をすること、君が迷惑していることを周囲にアピールしよう。そうすると、いざ君が周囲に助けを求めるとき、周りの子たちが君を助けてくれる確率は上がる。

・他にも同じ被害者がいないか探そう。もしいれば、一緒に立ち向かうことができるかもしれない。

・被害を受けていない子を参考にしよう。その子の対応方法は参考になるかもしれない。また、その子に助けを求めてもいい。

・卑屈にならないこと。君は悪いことをしていないのだから、相手に合わせる必要はない。堂々としていよう。

こんな感じ。


本当は腹立たしくてしょうがないし、できることなら行って馬鹿ガキを〆てやりたいけど、どうせ年齢を経て中学・高校…そして社会人になってもクソ野郎はどこにでもいるので対応する術を身につけて欲しいなぁと思いながら話をした。

それにしても、子供の思惑だと「親に心配させたくない」だとか「それでもまだ自分にとってそんなに迷惑をしていない」とか見栄を張ったりで健気というか意地っ張りな面を見せてくれるのだけど、親としてはやっぱり心配だしいろいろ力になってあげたい。

がんばれ、わが子よ。


参考エントリ:我が子を助けるということは昔の自分を助けるということ(子供に贈る言葉)
そういや昔も似たようなことがありましたね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック