2005年08月一覧

移転、ほぼ完了

ブログの移転がほぼ完了しました。残るはエントリのリンク先の修正とか、細かい作業。。

今後は移転先のブログをメインにしていくので、こちらにお越しください。。
http://blog.sugarstyle.net/


ストレスの無い開発

どうやらsugarはとことん外勤先と相性が悪いようです。大企業さん(の子会社)なんで、官僚的なのは体質なのでどうしようもありませんが。会社体質が官僚的であることは、システム開発にとってマイナスでしかならないと思うのですが、いかがでしょうか。

何というか、自由に振舞えないんですよ。で、どの辺が自由でないかというと、プロジェクトにとって良いと思われる方策をとれない。彼らは彼らなりのやり方があるのもわかっている。それこそ歴史ある大企業なんで、積み上げてきたノウハウも半端じゃないのもわかっている。だけど官僚的な上下関係によって、非効率になっている部分が目について仕方なくて。

sugar自身はそれを変える気もありませんでした。
が、sugarが主導的な立場に立ってプロジェクトを進めようとする時に問題が。。

sugarが育った土壌が彼らと違うのもあるのですが、彼らと全く同じ方法ではできない。だって、非効率ってわかっていることをするなんて、デスマるのが火を見るより明らかだし。

んでんで、それに対して「それなら相手にきちんと説明して理解してもらえばいいんでないか」というのが自然な流れだけど、それができない2つの理由があるのです。

まず第一に、自分自身が開発プロセスを熟知していないこと。漫然と「こうした方がいい」と思うことはあっても、そこに根拠を示せない。なぜ示せないかというと、自分がやろうとしている方法の論理的な裏づけを説明できる知識が無いからです。

第二の理由は、彼らの開発プロセスを熟知していないこと。これを知っていないと、そもそも自分の提案する方法と、彼らの方法を比較しようがない。なので彼らの「これこれこうすべきだ」という主張に対して「あぁそうですね…」としか言いようが無いわけで。

端的に「ここが駄目だからこうすべきでしょう」と指摘できても、プロセスの前後のつながりも含めて指摘できないことには、トータルでこちらの提案するプロセスが優れていることを理解してもらえない。結局、ストレスを感じつつも彼らの方法に従ってますが。

自分の感覚と相反する方法で仕事を進めるのは、非常にストレスを感じますが…ストレスの軽減という面でも開発プロセス…システム開発の知識は重要だということですね。

逆に言えば、自分の感覚に逆らわず開発をすることができたら…そんなstresslessな仕事はとてもhappyなのだと思います。それをするためには正しい知識と、それを相手が理解できるように説明できる能力が必要なのでしょう。

余談ですが、知識の無さをカバーするために詭弁を語ること(※1)、という一つの解決策があります。しかしそれは、その場は丸くおさまっても、長い目で見るとデメリットの方が大きいでしょう。

詭弁による説得は、相手に不信感しか与えられないからです。誠実ではない。これはさんざん詭弁で騙されたことがあるsugarだから分かるのですが…詭弁を語る人たちは相手に不信感を与えていることに気づいてるのでしょうか。。

※1 詭弁による説得は、悪い意味で、営業的とかSE的とか言われたりもします。


スポンサーリンク
本文中広告




本文中広告