Windows10にPrimo Ramdiskをインストール・設定した(2020年5月版)

実は最近になってようやくパソコンをWindows10に更新したのですが、そういや昔Primo Ramdiskのライセンスを購入していたのを思い出したのでインストールしてRAMDiskを活用しようと思い立った次第です。

公式サイトはこちら。
https://www.romexsoftware.com/en-us/primo-ramdisk/download.html

Multilingual Versionにしておけば、完全ではないけど日本語表示されます。

僕が持っているライセンスはProfessional版で、32GBまでのサイズのRAMDiskを作ることができます。Personal版だと、Professional版の半額ちょっとの金額なのだけど作成できるRAMDiskの最大サイズが8GBなのでRAMDiskを活用するにはちょっと微妙。ちなみにUltimate版はサーバOSに対応していたり1TBまでのRAMDiskを作成できたりしますがさすがにそこまでは僕はいりません。。クレジットカードがあれば公式サイトから購入することができます。個人使用に限り、2パソコンまで使用できるようです(2020年5月現在)。

さて、僕がPrimo Ramdiskを使っている理由というか特徴ですが

・RAMDiskドライブのドライブレターを任意の文字に固定できる
・PC起動後、自動的にRAMDiskが使える
・NTFSフォーマットである
・RAMDiskの導入によって起動時間が長くならない
・32GB程度サイズのRAMDiskを作成できる
・OS起動後に自動的にRAMDiskドライブに任意のフォルダを作成できる

はい。僕が記憶していた限りだと昔のバージョンでは最後の「OS起動後に自動的にRAMDiskドライブに任意のフォルダを作成できる」は無かった?ようなので新機能として追加されたんですかね。環境変数TEMP用のフォルダを作成できるのでこの機能は超便利です。

で、僕がした設定を参考に。

起動直後。
起動直後
これはすでに設定済みではありますが。。フォルダに+のアイコンをクリックすると新規RAMdiskを作成します。

設定画面。
設定画面
僕の場合はXドライブにRAMdiskを割り当て、パソコン全体で32GBのメモリなのでとりあえず16GBを割り当ててます。タイプで「SCSIディスク」か「Direct-IOディスク」を選択しますが、SCSIディスクにするとRAMDiskがデバイスマネージャーに表示されるようになるらしいです。Direct-IOディスクを選ぶと、デバイスマネージャーには表示されませんがSCSIディスクよりも動作が早いらしいです。デバイスマネージャーに表示させるメリットがあまりないので僕はDirect-IOディスクを選びました。
属性の「揮発性」にチェックを入れると、OSを再起動したらRAMDiskドライブが消えます。OS再起動後もRAMDiskドライブを使用する場合は揮発性のチェックを外します。

ディスク構成。
ディスク構成
動的なメモリ管理を行うようにすると、物理メモリの残量に合わせてRAMDiskドライブの容量が動的に変わるっぽいです。が、僕は使ったことがないので未検証です。

ファイルシステムの設定(ベーシック)
ファイルシステムの設定1
NTFSで作成しています。RAMDiskドライブの中身はOSを再起動したら消えるので、「NTFSインデックスサービスを無効にする」はチェックを入れておいた方がいいと思います。「TEMPフォルダを自動的に作成」もチェックを入れました。勝手にRAMdiskドライブ配下にTEMPファルダが作成されます。

ファイルシステムの設定(高度な設定)
ファイルシステムの設定2
「高度な設定」タブで「カスタムフォルダを自動的に作成」にチェックを入れます。僕の場合は環境変数TMPフォルダや、Chromeキャッシュ用のフォルダなどを作るようにしています。これもOS再起動後に自動的にRAMDiskドライブ配下に作成できるので便利です。アクセス権はEveryoneにフルコントロール権限をつけています。

■その他、やっておいた方がいいかもしれない設定
・ページングファイルなし
まぁこれはRAMdiskとはあまり関係無いのですが、僕の環境だとCドライブをSSDにしているのでページングファイルを作りたくありません。あとパソコンにRAMを32GB搭載してるので正直ページングファイルはいらないです。pagefile.sysを削除しておきましょう。あとはスリープや休止も無効にしてhiberfil.sysも削除すると良いと思います。


パソコンの新調など

自宅パソコンがいまだWindows7だったのでようやく買い替えることにしました。パーツの覚書など。

■メモリ
TEAM DDR4 2666Mhz PC4-21300 16GBx2枚(32GBkit)デスクトップ用 Elite Plus シリーズ 日本国内無期限保証(永久保証)正規品

■SSD
ADATA XPG SX8200 Pro SSD PCIe3.0x4 M.2 NVMe TLC NAND DRAMバッファ 5年保証 正規保証 ASX8200PNP-1TT-C

■マザーボード
MSI Z390-A PRO ATX マザーボード [Intel Z390チップセット搭載] MB4617

■CPU
INTEL インテル Core i5 9400F 6コア / 9MBキャッシュ / LGA1151 CPU BX80684I59400F 【BOX】【日本正規流通品】


Realforceのキーボードを買う(2台目)

仕事用にRealforceのキーボードを買うことにしました。

まぁそれなりにうるさい職場だしRealforceのタイピング音くらい別にいいよね、ということで。

しかしすでに自宅にRealforce(PS2接続の古いやつ)が1台、Happy Hacking Keyboard Proが1台あるので順調にキーボード沼にハマっている感があります。

あとノートパソコンスタンドなんてあるんですね。机上スペースは重要な資源なのでこれで活用できるか…?


低温調理器を買ってみる

はい。

美味しいローストビーフが食べたいです。安く。

というわけで低温調理器を購入することにしました。

巷ではanovaあたりが有名ですが、大体2万円くらいするので結構高いです。しかし最近は低温調理器も一般的に認知されているので安く発売されている機種が出回ってきました。それで今回はHadinEEonという海外メーカー製のものを買ってみようと思います。発売されて間もないようで、Webのレビューも少ないのですが、Amazonでの評価はなかなか良い模様。

届いたらローストビーフを作ってみるので使い勝手とかも書いてみる予定です。


NEMで爆死

お久しぶりです。近況といえばタイトルのとおりです。

前回のエントリで仮想通貨に手を出してみたのです。結局はマシンを買うわけでなくトレードで利ザヤを得る方向で行こうとしたわけですが。まぁちょっと相場の変動を見てください。

2018年のGWあたりNEM相場
2018年GWのNEM

2018年10月のNEM相場
2018年10月のNEM

なんと4分の1以下だよ!

あぁ…2017年末の仮想通貨バブルに乗り遅れた上に下手にスケベ心出した結果がこれだよ!

というわけで投資のセンスが無いようでしたので大人しく堅実な方法で少しずつ稼ぐように頑張ります、はい。

それにしても

2018年1月 コインチェック NEM流出
 歴史上最大の盗難被害額かな?
Zaif 業務改善命令 3回目
  ↑おまえ何3回も金融庁からお叱り受けとんねん
ビットコインゴールド 51%攻撃

ビットコインゴールド(BTG)が「51%攻撃」の標的になり、仮想通貨取引所から約1750万ドル(約20億円)が盗み出されたようだ。

という感じで仮想通貨はリスキーなものという認識が知れ渡って仮想通貨バブルを求めてきたような人は手を引いてしまい市場は冷え冷えなわけで今後また仮想通貨バブルが来る可能性は低いんでしょうね。さて価値の目減りしたNEMを塩漬けにしていつかバブルが来るのを待つしかないですかね。その前に使っている仮想通貨取引所が存在していればいいですが。


スポンサーリンク
本文中広告




本文中広告