calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
categories
archives

上司に嫌われろ!

唐突に非常識なタイトルです。「うわ〜、昇進とかあきらめてんの?」とか思われそうです。ところがどっこい。sugarballはそうでもないのかなー、と最近思うようになりました。

sugarballには上司が居ます。ものすごくデキる人なんですが、sugarにとって大嫌いな奴です。はっきり言って仲も悪いです。sugarが何か発言するたびに難癖つけたり、些細な事で言いがかりをつけてきたりします。

言い返そうにも、会社での立場は上司の方が上なので、sugarは圧倒的に不利です。と言うか、勝負になりません。「上司と部下」という立場を考えてしまうと、こちらの発言の幅が狭められてしまい、ますます勝ち目が無くなってしまいます。万一、立場を無視した発言をしようものなら、間違いなく上司の逆鱗に触れてしまいます。

ここで、ちょっとストップ。sugarは何が怖かった or 嫌だったんだろう?ちょっと想定される事柄をピックアップしてみると、
  1.上司と不仲になること
  2.難癖つけられること
  3.怒られること(罵られ、傷つけられること)
  4.評価を下げられてしまうこと(≒減棒)
こんな感じでしょうか。

sugarは…基本的に人と争うのが嫌ですし、人からイタい事を言われるのも嫌です。自分が傷つくのが嫌な、典型的な「自分が可愛い」チキン野郎…は言いすぎですが、それも遠からずです。ですが、仕事をする上でそんな甘えた事を言うのは社会人として失格です。すると、『難癖つけられること』や『怒られること』は恐れる必要がありませんし、それを恐れて自分の行動(仕事)の幅が狭くなるのは論外です。


すると、『上司と不仲になること』は?これが実際に起これば、仕事が進めづらくなることや、上司と不仲→しかし自分の評価をするのは上司→査定が下がる→給料上がらない&昇進に響く という事まで連想でき、『評価を下げられてしまうこと(≒減棒)』につながります。これは最悪のケースです。


で、またストップ。それって、本当にそうなるの?不仲→…→減棒 までの連想は、本当に起こり得るのでしょうか?だって、少々不快感を与えた/与えられたところで、仕事の成果とは無関係なんじゃない?もし本当に、仕事の成果に関係無く、好き/嫌いで査定されるなら、そんな会社に居ても将来は無いから一秒でも早く別の会社に行った方がいいです。

今回の…sugarの場合、その上司はムカツク奴ですが、悔しいことに非常にデキる人間です。sugarから見る限り、仕事の成果をコストの面から評価することができるようなので、仕事の成果以外で評価されることは無い…とは言い切れませんが、査定の結果は仕事の成果に基づいたものになっていることでしょう。それと、不仲→…→減棒 まで考えるのは、他人(上司)を非常に安く見てるのと同じなんですよね。なんて失礼な奴だったんだ、sugarは。。。


そうすると、上司との軋轢に関係なく仕事の成果が正当に評価されるとなると…上司に嫌われても全然問題無いんですよ。上司の実力を信頼すればこそ、安心して嫌われることができる

なんかそう思うと、「アイツと上手くいかんな〜」とか考えていたのが吹っ切れました。ただ、ここで注意しておきたいのが、上司と不仲になるって事は会社で(仕事を)やりづらくなるというリスクがあります。それを回避するためには、他の同僚、別の上司、さらに上の上司…というネットワークを作ることを普段から心がけないといけません。心配しなくても、誠実に仕事をしていれば、どこかでネットワークはつながります。これはsugarの経験的なものですが、信頼に足る仕事をしていれば、必ず誰かが助けてくれるということです。そうでないと、会社の同僚は足をひっぱるか傍観するだけの人、ということになってしまいます。そんなわけないでしょう?(もしそうだというなら、やはり退職することをオススメしますが…)


そんなわけで、sugarは上司が難癖つけようが、もういちいち相手にしません。言い返す…自分の主張をきちんとしたら、あとは仕事で成果を出すだけです。


で、sugarがこの考えに至った、インスピレーションをもらった本が、この本。『「嫌われる奴」ほど仕事ができる―左遷も出向も怖くない「実践サラリーマン・サバイバル哲学」』なんて硬派なタイトル通り、著者は他者(上司、同僚など)との衝突でも、決して屈しなかった人です。


人間関係には、「好かれる」ことも大事ですが、自分に負の影響を与える人間には敢えて「嫌われる」ことも大事なんですよね。


※ただ、上司が人事異動の権力を持っていて、辺境に左遷させられる可能性があるなど、どうしても上司と上手くやっていかなければいけないなら、もっとウマくやる方法を考えるしかないですね…。でもぶっちゃけ、それすら恐れる必要は無いんじゃないかな、と思います。誠実に仕事をしていれば、必ず報われるはず。。。

コメント
SUGARさま。
京都でサラリーマンをしているものです。
すこし以前の『上司に嫌われる』〜を読んで感銘いたしました。

『実践サラリーマン、サバイバル』の本を書店で探しているのですが、なかなか見つかりません。

無理なお願いだとは承知しておりますが、本をお借りすることはできませんでしょうか?
  • にゃろめ
  • 2012/06/20 8:13 AM
>にゃろめさま

こんばんは。

残念ながら本は処分してしまいました。。

Amazonなら現在でも中古で入手できるようです。
  • sugarball
  • 2012/06/21 4:02 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック