calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
categories
archives

すぱげってぃ・こーど。

最近愚痴ばっかりのsugarballです。人間小さくなってきた気がしますが、まだまだ続けます。

sugarballは外勤先で働いておりますが、そこは魑魅魍魎の世界です(言いすぎか)。

午後8時に「これ今日中にやっといて」とかゆー不条理な命令なんて日常茶飯事です。いぇい。

え?まだ普通ですか。それじゃ「できるまで帰ってはダメです」ってオプションが付けばどうでしょう。

うーん、まだよく聞く話だ。いや、でも見積もって、仕様確認して、設計して、実装して、試験すると普通に終電無くなるんですが…。


まぁいいです。普通の状況ならいいです。仕事だからsugarはがんばります。問題はそんときにスパゲッティ・コードを渡された場合はどうすんねん、ってコトです。

それも「コレ、こういう風に動くようにして、○○の機能も追加しててね。そうそう、元のソースの流れは変更しないようにね」という指令も追加されます。

依頼の前に何も知らされないコトが多いので、sugarは何も知らないままク○プログラムを受け取って、解析から始めるのですが

なんじゃこりゃ

この○ソったれコードの流れを変更しないでそのまま追加しろと?

このスパゲッティ・コードの流れを変更しない意味なんてあんのか…?しかもご丁寧に改定履歴まで振ってある…。元々ソースを書いた人は、sugarの外勤先の大企業の社員さんなんですが、正直、何もしないで居て欲しいです


今回は、その社員さんに見積もりした時間(どう考えても今日中なんて無理)を伝えて…あんまりわかってないようだったので説得して…それでも食い下がるからタスクの1つひとつの見積もり時間を説明して…「でも、今日が期限です」と抜かしやがるから…その仕事の出所に見積もり工数の根拠を説明して…ようやく帰りました。

ただ、そのときの仕事で何が一番工数がかかるかというと、その社員さんが書いたスパゲッティコードをリファクタリングすることだったりするのですが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック