calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
categories
archives

外勤先バトル (0)

長らく更新しておりませんでした、sugarballです。というのも、外勤先で馬鹿みたいに負荷が高いからです。まぁこれをネタにシリーズもの(?)みたいなブログ書いてみるんでよろしゅう。

sugarの外勤先での負荷が高い原因は、いろいろある中で特に挙げるとすると、契約形態(字ぃあってたっけな?)が原因になるでしょう。会社の人にsugarを特定されると困るので詳細は書けませんが、

 ・月xxx時間以内の労働時間でxx万円
 ・月の労働時間がxxx時間以下でもxx万円
 ・月の労働時間がxxx時間を超えた場合、単位時間あたりxx円の単価とする

契約内容は大体こんな感じです。「十分詳細じゃん」とかいうツッコミはナシの方向でよろしこ。で、この契約について外勤先とsugar側の思惑は・・・


外勤先サイド
xxx時間以内なら、どれだけ働いても同じ賃金を払う。だったら、月あたりxxx時間ギリギリまで働かせればいーじゃん!


sugarballサイド
xxx時間働こうが、xxx時間よりも大幅に少なかろうが、もらえる金が同じなんだったら極力働きたくねーよ。


てな感じです。この契約のせいもあって、sugarは仕事をたんまり押し付けられるのですが、極端な話、この「月xxx時間」が月300時間だったりすると、たまらんわけなんですよ。実際はそんな多くないですけどね。


そんな背景がありまして。
外勤先の大企業さんはどうしてもsugarをとことん働かせたいようです。でもそうしてしまうと、sugarの時間が無くなってしまいます。それどころか、毎日残業5とか6時間という負荷では健康を害する可能性が非常に高くなる上に、家庭での夫、父親という役割をまっとうすることが難しいのは自明の理です。そんな非常に大きいリスクに見合ったペイを受け取っているかといえば、そうではありません。たった時間単価xx円でこれだけのリスクを背負わされるんじゃあ、割に合わんよクソったれ。最悪の場合…後遺症を残す病を患って家庭崩壊、ノイローゼになって自殺という最悪のシナリオになったとろこで、大企業さんが保障、弁償してくれるわけないんですよ。ましてや社員でもなく、外勤さんなので、保障のホの字もまわってこないでしょう。もっとも、sugarは例え1億円もらったとしても病気は嫌ですし、10億円積んだとしても今の家庭を買うことなんてできないのです。だったらどうすればいいかと問われたところで、結局自分の身は自分で守るしかないのです。実際にどうするかというと、ありとあらゆる策を尽くしてでも、早く帰る。これしかないと思います。sugar的には、外勤先に迷惑がかかろうと関係ないと思います。そう言うと「おまえはプロ意識というものが無いのか!」とお叱りを受けそうですが…そういう安易なツッコミがそこかしこから聞こえそうですが、そんなことはありません。この外勤先バトルシリーズで、sugarが考える、真の(外勤先における)プロ意識ってものを語らせていただきますゆえに。それを見て判断してくだされ。

そんなわけで、なるべく早く帰りたいsugarballと、なるべく働かせたい大企業さんとの戦いが始まったのでありました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック