calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
categories
archives

もっと大事なこと

昨日のエントリでは、僕の子供に向けたメッセージを書いてみた。

けど、もっと大事なことがある。

それは、















  おチンチンびろーん
   ∩___∩     
   | ノ      ヽ/⌒) 
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /   
  /      /  
 |   _つ  /    
 |  /UJ\ \       
 | /     )  )       
 ∪     (  \    
        \_)



真面目なことばっか書くと思ったら大間違いだよ!


要はバランスが大事なんです。

コメント
まじめが続かないのはB型の悪癖だと思いますw
  • kkk
  • 2009/05/27 3:48 AM
朝からさーせん。
幼女の味方の自分としてはまったく黙っていられませんね。

ぬっコロすしかないっスね。相手の糞餓鬼。
小さい頃に嫌がらせとかするのは、大抵選ばれしDQN親のチルドレンだと思うんですよねぇ。我儘さがコントロールできない子供から暴れるだろうし。。

自分のケースなんですけど。
小学生の時と中学生の時、両方入学して日が浅い日に、気が強い奴らのグループに絡まれました。
坊ちゃん学校だったんで大した事はされなかったんですけど、自分は背が長いせいか目立っちゃうんだと思います。

で、性格上、自分はすぐやり返しちゃう奴でした。一人で。しかも当時から病弱な奴でした。
要するにハタから見ると生意気な餓鬼だったんだと思います。

で、しばらく目を付けられたままフェードアウトしてく、とか、何回か対決がある、とかそんな感じでした。
その内、なんか…やったとかやられたとか、お互いどうでもよくなっていったような気がします。
あんま参考にならないスね。。

とにかく、ちょっかい出してくる方ってのは、今まで相手を屈服させ続けてきた奴だと思うんですよね。
で、たまたま屈服するはずの的が思い通りになってくれなかった、とかそんな感じだと思います。

相手にとって思い通りにならなかった、というのはなんらかの個性を示してるってことのよーにも思えます。
なんか全然参考にならないなぁ。。

とにかく全力で娘さんを支持します。
  • siroiruka
  • 2009/05/27 7:20 AM
イイハナシダナァー(w
と、こっちにコメントしてみたり。

問題のおウンコ坊ちゃまは親がなっとらんのでしょうなー。
親ともども滅ですよ、滅!(w
と言う冗談か本気かはナイショな話題はおいといて。

「No!(嫌だ!)」と言うのが一番かもしれませんね。
変に反応しちゃうと相手が調子に乗ると思うので、
「やめろ、このビチ○そがッ!」と言って、後は無視がいいかなーとか思いました。
ワタシも子供たちには「嫌なら嫌だとはっきり言おう」と言ってますし、なんか共感です。

まぁ、息子には「相手が男なら、やられたらやりかえせ」とも言ってますけど。
猫パンチや腕グルグル回すのは非効率的だし、手首傷めたりするから、
とりあえず脇をしめて真っ直ぐ拳出すことだけ教えておきました。
ん?あれ?なんか違う?(笑
>kkk
まぁこっちが本性だから仕方ないw
>siroirukaさん
幼女の味方キタw

人に対して理不尽をする子供は、親からも理不尽を受けている気がします。。いわゆるDQNの再生産…

ウチの子の場合は多分対決まで行けるほど気が強くなさそうなんで…でも自分以外の人の体験談はためになります。

屈服させたい、みたいな気はありそうですよね。ただ、本当に屈服しちゃってもそれはそれで今後ずっといじめられそうな気がするので、やっぱり負けてほしくないです。。

園児にしてはや支持者を得るとは…わが娘ながら恐ろしいw
>やまさん
イイハナシデショーw と、共感ありがとうございます。。

ウンコ坊主(と親)の前で「キミは女の子を殴って遊びなさい、ってお父さんから教えてもらってるんだー」と言いたくもなります。

「だが断(ry」じゃなくて、嫌なものに「嫌だ!」と言えないというのはすごく不健全だと僕は思っていて、そういうのは社会に出ても同じなんじゃないかなー、と最近思い始めてきました。で、子供にも感覚は持ってもらいたいんですよね。

男の子の場合は、「やられたらやり返す」の精神は必須ですね!コブシを突き出す際にはグッと手を握るのも追加ですね。(コブシを握り締めると手首が固まるので、手首が捻挫しにくくなります)これも何か違いますねw
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック