calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories
archives

仕事と疲労とぎっくり腰

思い返せば。転職してからn年が経ちました。

前職のような月に100時間残業するのも珍しくないような仕事ではなく。いわゆるホワイト企業に転職できました。


そこでふと思い返したところ、転職してから一度もぎっくり腰になったことがない

20代のころ=前の会社で働いていたころは、しょっちゅうぎっくり腰になっていました。その頃は、身体というものは年々衰えてゆくものだなぁ、と思っていたのですが違ったようです。

過剰な残業などの疲労が、ぎっくり腰を引き起こしていたのですね。


それが証拠に、転職してから少なくとも5年以上ぎっくり腰になったことが無いんです。今の会社は残業が必要な時間も前職とは比較にならないほど減っているので、疲労困憊で帰宅するということもほとんどない状態ですし。


ともあれ、ぎっくり腰というのは身体の疲労を示す重要なバロメータになっていたようです。もし、毎年のようにぎっくり腰になってしまうようであれば、転職を考えた方がベターかもしれませんね。

働かないオッサン

中途入社の10歳くらい年上のオッサンが全然仕事をしやがらん。

言われたことしかしない。課題発見とかそういう意識がない。メモをとらない。同じことを何度も聞きにくる。注意を受けたことを忘れてミスをやらかす。

で、定時でダッシュを決める。

おまえのミスをカバーするのでしょっちゅうこちらは残業してるのですが…


結局あいつのミスを僕が尻ぬぐいすることになってその仕事の経験値は僕に蓄積されて奴は相対的にますます仕事ができなくなってそうすると僕にどんどん仕事が押し込まれる…


いかん。やばい。対策練らないと。無理矢理にでもやらせるなりしないと。しかし逃げというか仕事を人に押し付ける技術は一級品やな…

自分の態度がどういう結果を生むかわからない人

参考:トヨタのトップはなぜ最前線に駆けつけるのか

(会員登録が必要なページなので抜粋)

 「不都合な情報」は、上司が快く聞いてくれないと、部下の段階で握りつぶされるようになっていきます。これがいわゆる大企業病と言われる症状の1つの病状です。



これがわかってない人がなんと多いことか。

仮にAさんとする。

Aさんは自分の仕事で面倒事があれば常に不機嫌な対応をする。都合の悪い情報なんか耳に入れようものなら、怒鳴り散らすことさえある。

案の定、Aさんのところには情報が集まらず、そのくせ「くそ、どいつも俺を通さず勝手なことばかりしやがって…」とボヤいている。


いや、現状良くない状態だとしてそれを良くしようとしても、それがAさんの耳に入ったら「なんで○○なんだ!」とその人を責め立てたりしてるAさん。常識的に考えて、そんな人に相談したい?改善提案したい?問題提起したい?僕は嫌です。


とまぁ、かくして不都合な情報は握りつぶされ、さらにはAさんの関与が必要な案件でさえAさん抜きで話が進められ、組織はゆるやかに衰退するのでした。


※この話はフィクションです

完璧を目指すよりまず終わらせろ

またtumblr.経由。

Done is better than Perfect
(完璧を目指すよりまず終わらせろ)


Facebookアプリ開発者たちとマーク・ザッカーバーグの言葉をかみしめる。 | 熊坂仁美.com


これもマジで大事。

最初から100%の完成度を狙って仕事すると、たいてい時間が足りなくなってしまう。というか、いくら時間があっても足りない。

それよりは、まずは最低限の完成度で仕上げてしまって、後から完成度を上げる作業に入った方が結果として品質・時間ともに良い結果になる。


直訳すると、「『もう終わった』は完璧よりも良い」ってことで。(完璧に終わっていればそれがベストだけど、実際そんなことはまずないしね)

仕事のペース配分とか

これちょうすごい!てのを見つけた。tumblr.経由。

・「一日の仕事量」は午前でできる分を基準にして、午後は急な用件と、タスクのインフレーションに割り当てる

・「週の仕事量」は月曜から水曜でできる分を基準にして、木金はあふれた分を補うためにとっておく

・「月の仕事量」は最初から最初の3週間でできる分を基準にして、残り一週間はあふれた分にとっておく


大きな仕事のペース配分のこつ:「頭でっかち」 | Lifehacking.jp


きちんと計画と実績が一致するように仕事ができる人には当たり前だったり関係ないのかもしれませんが。よく僕は仕事の見積もりをするときに、だいたい期限をオーバーするような仕事量を見積もってしまいます。で、期限間際になって修羅場モード発動したりしてしまうことがよくあるわけで。

仕事は常に割り込みとか想定外の作業が発生するものです。頭でわかっていても、それをなかなか想定して予定を立てれない。というか、割り込みを想定した予定を立てたらそこに仕事が詰め込まれます。上司から。というのはまた別の話しですが。

きっちりとあらかじめ「急な用件と、タスクのインフレーションに割り当てる」というのが大きなポイントですね。これはもう明日から実践しようと思います。


もっと大事なこと


上記の見積もりをそのまんま上司に報告しないこと

上司「今週の予定で木金が空欄だが?」
部下「週の前半であふれた分のためにとってます!」
上司「馬鹿もん!それなら○○と△△の仕事を木金でやれ!」

てなことになりますから。確実に。

細かいところまで

細部へのこだわりは大事だと思うけど、何よりスピードが要求される場合はこだわらない方がいい場合もある。

が、質の高い仕事をしようとすると、そのスピードが要求される中でどれだけ質を高められるかが腕の見せ所?でもある。


さじ加減が難しいね。まぁ腕の見せ所と言っても、見栄や自慢のためにするのは論外で、顧客や関係者なんかのステークホルダを満足させるために発揮するもんです。



とまぁ、「この場合はスピードが要求されるから」とか言って安易に質を落としちゃうと仕事の価値が下がりますよ、みたいな話。

優秀なタクシー運転手

優秀なタクシー運転手に出会ったことがある。

いや、きっと優秀なんだろうと僕が思った。今回はそんな話。


◆◆◆◆

ある夏の暑い日のこと。

僕は待ち合わせの場所まで急いでいた。

ここから目的地まで、徒歩で10分、電車で20分くらい。電車を降りてさらに徒歩で10分。

待ち合わせまでの時間は40分そこらで、ギリギリ間に合うかどうか、という時間。


というか、駅で電車を待つ時間を加味すると遅刻は必至。

歩く。小走りになる。

「タクシーを使えば電車の待ち時間分は巻けるか?」

そんなことを考えながら、チラチラと道路を振り返りながら小走りでゆく。タクシーはない。


「これで駅に着いても電車の待ちがあれば遅刻だな…」

そう思っていたら、低速でタクシーが道路を走行していた。運転手は、こちらを見ていた。僕は手を上げた。運転手は会釈して、タクシーを歩道につけた。

「六甲道駅までお願いします」

そう伝えるとタクシーは最短ルートで、かつ駅の入り口付近までつけてくれた。お釣りも、一瞬で出てきた。

タクシーを出るとすぐさま改札を抜け、駅のホームへ駆け上がった。快速が来た。よかった、これで間に合う。そう思った。

◆◆◆◆

デキの悪い小説だw


それは置いといて、ポイントは

■通行人の存在を気にかけながら走行していた

こと。まぁタクシーとしたら当たり前と言えばそれまでなんだけど、これが「夏の暑い日に」「小走りで」「チラチラと振り返り(道路を確認し)ながら」歩いている通行人を補足したこと。おそらく、通行人よりも早く。

多分、こちらが手を上げなくても、「タクシーいかがですか?」と声をかけてきそうなくらい、僕の存在を気にかけていた。そう思えた。


別の時間・場所で、同じようなシチュエーションでタクシーを拾ったこともあるけど、あそこまで「気にかけられた」ことはなかった。


すごいのは「あの人はきっとタクシーを必要としている」と判断した洞察力なんだと思う。

きっと、彼は優秀な(稼げる)タクシー運転手に違いない。一度ゆっくり話をしてみたいな、なんて思った。



と、ちょー上から目線(この言葉は死ぬほど嫌だけど)の感想でしたまる。

■余談
コイツとは大違いだよw



(ダメな意味で)パーフェクトな上司

(ダメな意味で)パーフェクトな上司というのを見たことがある。

彼は仕事を与えた部下に対して、ことあるごとに実現方法を一から十まで説明を求めた。そしてかなりの頻度でこう言う。


それ本当にできると思ってるの?


これだけではまだ大した問題じゃないかもしれない。彼は、続けてこう言う。

●「できる」と回答した場合 → 「お前ができると言ったんだから責任とれよ」
●部下が仕事を達成した場合 → 「俺がああ言ったのに勝手にやりやがって…こんなもの成功のうちに入るか」
●部下が仕事を達成できなかった場合 → 「だから俺はダメだと言ったんだ」

もう、何がしたいのかわかりませんね。ダメ出しをすることだけが存在意義になっている。



閑話休題。

「それ本当にできると思ってるの?」この発言の何が問題か。

・仕事は生モノである。最初の段階で全て読みきって起こりうる事象全ての対策を立てておくのは無理。有名な一言はこちら
こいつは将棋を指す時「詰み」まで読み切ってから始めるのか?
そんな超人いませんよね。だから「それ本当にできると思ってるの?」発言は愚かであるとしか。


続き。

・部下に失敗をさせない。失敗の程度にもよるが、リカバリ可能な失敗でも「だから俺はダメだと言ったんだ」と言うくらい失敗に厳しく、殺すと言わんばかりのプレッシャーを与える。実際は、リカバリ不能な失敗というのはほとんどない。
→ 「リカバリが利く失敗」ですら許さない雰囲気を出すことで、部下は些細な失敗すら犯さない綿密で多岐に渡って仕事を網羅している予定を立てるようになる
 → はっきり言ってその網羅性や綿密さは無駄。失敗したらさっさと次の方法を試す方が100倍早い。


また、そんな彼はこんな傾向があります。

・些細な計画変更を執拗に追及する

これも無駄ですよね。

「なぜ最初にわからなかったんだ!」 → 最初から全てを読み切ることはできない。読み切ろうとすると多大なコストがかかる。
「最初の計画を変更するのか!無理な計画を立てやがって!」 → 現状に合わせて方法を変えれば問題ないはず
「変更するんだな!その方法は本当に問題無いんだな!」 → だから何度も(ry

というわけで必要以上に計画変更を追及するのは無駄です。


ちなみに。彼の手口として、これだけの手をつくして上司に否定された部下はどうなるでしょうか。

「それ本当にできると思ってるの?」 → 「できません…」

と追い込まれます。これが実際には仕事を達成できるにも関わらず、部下を無能と自己申告させることで部下を追い込み、「できない部下のダメ出ししてる上司の俺カッコイイ!」と言いたいだけのパーフェクトにダメな上司の手口です。



さて、ここまでが前フリです。

何が「(ダメな意味で)パーフェクト」なのでしょうか。

山本五十六いわく、
やってみせ

言って聞かせて

させてみて

ほめてやらねば

人は動かじ

有名なことばですよね。

人を動かす(仕事してもらう)には、自ら手本を見せて、言って教えて指導して、実際にやらせて、誉めなければいけないというものです。


で、ダメ上司と言えば


やってみせ → 絶対に自分のやり方は晒さない
言って聞かせて → やり方は絶対に教えない
させてみせ → 「失敗したら殺す」と言わんばかりにやらせない
ほめてやらねば → 罵声オンリー

はい、パーフェクトですね。

というわけで、「それ本当にできると思ってるの?」という言葉を多用する上司は要注意です、という話でした。


■余談
同僚や上司など、同じ組織として仕事するはずの人が「オカシイ」人だと、戦場で背中から撃たれる感じです。それよりは、まともな同僚や上司と共同して「ヤバイくらいオカシイ顧客」とやり合う方が100倍は楽です。楽というかストレスが少ないというか。やりがいがあるというか。やる気が出るというか。

それは粘性の高い流体のごとく

仕事を進める上で、情報を出し惜しみする人。
情報の希少価値を盾に自分の地位を高く保ちたい人。
こういう人がいると、そのプロジェクトは関わる人間すべてが不幸になる。

同じチーム内でそういう行動をとる人間は外した方がうまく仕事が回る。

客ではなくクレーマーと判断する勇気

素晴らしい記事があったので引用。

外資系の支配人のクレーム対応 - レジャーサービス研究所(東京&上海)


「お客様は神様です」みたいなことばかり教えるのは簡単。
しかし現場が困っていることは、そうではなくて、
「この人は客じゃない」と判断し、対応するにはどうしたらいいか?と言うこと。

最近は現場のサービスの質が落ちた、、、
と言われる背景には「客の質が落ちた」という側面も多々あるからです。

先日も、某有名外資系のショッピングセンター?で
明らかにスタッフにからんで、クレームを通り越して、
「イチャモン」をつけているシーンに遭遇しました。

典型的な「あー言えば、こう言う」のクレーマーで、
ようするに何だかんだ言って「タダにさせてしまおう」という
魂胆が丸見えでした。

商品やサービスのクレームを通り越して、
スタッフ自身のことを「あれもダメ、これもダメ」と攻めまくります。

すると欧州系の支配人が出てきた。
どう対応するのだろう?と観察していると、
「出て行け!お前は客じゃない!」
物凄い剣幕で怒りだしました。
(もう顔面が怒りで真っ赤でした)

支配人が出てくれば、あと一押しで「タダになる」と期待していた
ガラの悪いクレーマーは、ビックリ!

そして、
「スタッフはお前の奴隷じゃない、謝れ!」とまで言い放ちます。
結局、クレーマーが逆に謝罪することに。

後に話しを伺うと、
このラインを超えたら客じゃない、というのがある。
ラインまではスタッフに精一杯努力させる。
しかし、それ以上やらせるとスタッフがいじめられて心に深い傷を負う。
そして、この仕事に恐怖を感じるようになってしまう。
それは絶対に避けなければならない。
だから、私たちはこのラインを超えてくるクレーマーがいたら、
その瞬間からスタッフを守るのが義務だ」とのコメント。

客も店を選ぶし、店も客を選ぶ、ということでしょう。


(以下略)
※赤字が僕が特に感銘を受けた箇所です



従業員を守ること、良い経営をすること、同時に実践する素晴らしい対応だと思います。

| 1/2PAGES | >>