calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
categories
archives

ビーフジャーキーを作りたい

僕はビーフジャーキーが好きだ。

まー特に酒を飲むわけでもないけどビーフジャーキーに限らず酒のアテのような料理は美味しいものが多い。今回は、どうせなら自分でビーフジャーキーを作ってみようかと思い立ったわけでして。

手間はかかるけど費用面、つまりコストパフォーマンスは悪くないはず。いや別にコスパを重視しているわけではないけどどうせならコーラ飲みながら大量にビーフジャーキーを食べたい。

というわけでレッツDIY!…の前に、必要な道具をそろえることに。燻製道具は一応ショボいながらも持っているので、あとは乾燥用のネットを購入することに。近くのホームセンターでも売ってるらしいけど結局はAmazonを使うことにしました。サイズは350mm×350mmの面積×3段あれば十分でしょう。というわけでネットが届いたらビーフジャーキーを作るつもりなので乞うご期待?



理想と現実(マクドナルドのブラジルバーガー)

はい。タイトルで気付いた人も多いと思いますが、毎度おなじみ?マクドナルドの写真詐欺ですよっと。

最近はワールドカップにあやかって、いろんな国の特徴を取り入れたメニューを発売するキャンペーンをやっています

で、買ってみたのがブラジルバーガー ビーフBBQなるメニュー。

●理想


いいねぇ。美味しそうですね。パティもブ厚くてボリュームがありそうで。


●現実


え?



えぇえええええ!???

これはひどい…

まぁマクドナルドの平常運転でしょうがこれはひどい。

・レタスぐちゃぐちゃ
・パティ薄い。というかパンも具もなにもかも薄い。
・パティがパサパサ。ジューシィさ皆無。
・レタスがこぼれおちる、落ちる。

単品でおよそ400円か…モスに行けば良かった…

とりあえずその他の写真もとってますので見たい人はどうぞ。(投げやり)

ブラジルバーガー(現実3) ※バーガーを持ち上げただけでこの有り様です
ブラジルバーガーのフタ
オランダ マックフィズ これはちょっと美味しかった。

ペペロンチーノ作ってみたときのメモ

料理はいいねぇ。リリンの生んだ文化の極みだよ。

仕事でモヤモヤーっとした気分になったので気晴らしに料理を作ることにした。

いやー、それにしても料理はいいねぇ。手を動かして、煮て、焼いて…音や香りの刺激は良いストレス解消です。

今から本気のペペロンチーノを作ろうと思う - アルファルファモザイク

というわけで上の記事を参考にペペロンチーノを作ってみようと思い立ったのですが。。。実は3回ほど失敗したので注意すべきポイントをメモとして残すことにしました。

材料はこいつらだ


パスタ80g
薄切りニンニク 0.5個分
潰しニンニク 1個分
パセリ こんくらい
鷹の爪 1本
材料の引用。パセリこんくらい、とありますが小さじ1杯くらいです。あと引用では生パセリを使ってましたが僕はS&Bの乾燥パセリを使いました。あと、隠し味?として昆布茶も使いました。昆布茶は小さじ半分くらい。ちなみにパスタは1.4mmのを使いました。かなり細い。

フライパンにパスタの約3割くらいのピュアオイルと潰しニンニクを入れて火にかける
薄切りニンニクはこの時点では入れないみたいで。これをいい感じの色?になるまで火を通します。

そこに薄切りと鷹の爪を種とっていれる
種は1粒でも残すと死ねるお
次に薄切りにしたニンニクと鷹の爪を投入。鷹の爪はあらかじめ種を取り除くこと。
■注意■
いやー、鷹の爪の種を取り除いてやってみたんだけど、とにかく辛いパスタができてしまいました。2回も。オリーブオイルに浸す時間が長すぎたんですかね?2回目は1分くらいしか鷹の爪に火を通してないんですが。。なので先にニンニクの薄切りを投入して火を通す→その後で鷹の爪を投入し30秒くらい火をとおす、でいいと思います。

いい色になったらあげておくお
というわけで上の工程の後(鷹の爪を投入した後、30秒くらい経過した後)、ニンニクと鷹の爪を一度引き上げます。

そして残ったオイルの中にパセリをファサー
はい。乾燥パセリ(ネタ元は生パセリ)を投入します。

順番ばらけたがパスタを茹でる
あらかじめお湯を沸かしておいて、塩も投入しておきます。で、パスタを投入。パスタの太さが1.4mmだと4分くらいか。

パセリの香りが立ってきたら焦げないうちに湯で汁を加える
はい。フライパンの方ですね。
■注意■
熱したオリーブオイルに茹で汁を加えると激しくオイルがはじけるんですが…というわけで僕はこの工程をパスしました。(追記:オイルがはじけるのは温度が高すぎるような気がしてきました。)

茹で上がったパスタをフライパンにいれるお

そこにヴァージンもこみちを挿れるお
茹で汁追加工程を除いたので茹であがったパスタをフライパンに投入。なんか投入ばっかだ。それはともかく、麺とオイルをからませて、僕はここで茹で汁を追加しました。これならオイルがはじけることはない。
ネタ元ではここでバージンオイルを入れてるけどそれって重要なんですかね?よくわからんので僕はオイルの投入はしてないです。

そしてフライパンを煽って絡めるぜえぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええ‼wwww
ここは同じ。とにかくオイル・茹で汁・麺をからめます。僕はここで昆布茶を投入してかき混ぜ。そしてダイショーの味塩こしょうもサッとふりかけ。これで良い味になると思います。(ネタ元のとおり実践してみたのですが、味が薄かった!!!ので、昆布茶や味塩こしょうなんかで味を調えた方が良いです。絶対。)

そして皿に盛り付けて外しておいたニンニクたちをトッピングしたら完成だお(`ω´)
はい。あとは取り除いたニンニクと鷹の爪をパスタに盛り付けて完成。そういや鷹の爪は食べるわけじゃないから捨ててオーケーかと。


以上、今回は3回も失敗してしまったので覚書を残しました。ようやくまともに完成したペペロンチーノは美味しかったです。次回は写真をとりながら作ろうっと。

■追記
良い情報見つけた。 ペペロン@wiki

おしゃれなカフェ 珈琲屋OBに行ってきた

僕はスタバやらドトールやらのカフェに行く習慣はあまりないのだけど、雰囲気のいいカフェというか喫茶店は好きです。元々カフェ自体に行く頻度もそんなにはないけど、お気に入りなカフェを紹介してみたいと思います。

珈琲屋OB

まずは店の外観。扉やら営業時間のお知らせやら良い感じです。




店の内装。いわゆるログハウスなんですね。木って落ち着く。




店の内装その2。ゆっくたりと座れる座席です。かなり落ち着ける。




店のメニュー。手作りです。なくなったメニューもちらほら。




ばななじゅうす。でかい。



やはりでかい




デザートにチョコケーキ。美味しい。



ちなみに食べ物的なメニューはそれほど多くないのですが、トマトピザがめっちゃ美味しかったです。

というわけで珈琲屋OB、オススメです。今回注文したばななじゅうすだけでなく、この店の飲み物は容器がデカいのでかなり楽しいです。ただ飲み物を注文しただけなのに盛り上がってしまうってすごいですよね。

スープストックトーキョーのスープの作り方(レシピ本)

http://twitter.com/sugarball/status/267680180707946496

スープストックトーキョーで食べた玉葱と鶏肉のカレーが死ぬほど美味かったので再現してみたいんだけどこういう感じなのかなぁ。 http://youpouch.com/2012/09/21/82808/ スープストックのは玉葱をみじん切りしてるのかな。

なんてつぶやいてみたのだけど、探してみたらスープストックトーキョーがレシピ本を発売している模様。その名も、Soup Stock Tokyoのスープの作り方

この「オマール海老のビスク」とか「玉葱と鶏肉のカレー」は真剣に美味しいので最近通販で大量に購入してやろうかと真剣に悩んだりしていたんだけど…これで自分で作れる!まぁ作り方にコツが必要だったり、珍しい材料が必要だったりする可能性もあるので料理を再現できるかどうかわからないけど、とにかく作って、食べたい!ので買ってみようと思います。

■参考エントリ
めちゃウマいカレー (Soup Stock Tokyoで初めて食べた「玉葱のカレー」の感想)
またsoup stock tokyoに行ったよ。 (「オマール海老とわたり蟹のスープ」を食べた感想)



パルメザンチーズのリゾットを注文したら予想以上だった

地元の某パスタ屋さんで「パルメザンチーズのリゾット」なるものを注文したら、予想以上でした。




店員さんが来て、ドンッ、とデカイチーズの塊を置いて…「何だ!?」と思ってると、リゾットが入っていて店員さんがよそってくれました。




パルメザンチーズのリゾットできあがり。中のチーズを掻き出しながら入れるんですね。チーズの多め・少なめをチョイスできるみたいです。

というわけで美味しくいただきました。チーズうまい。こういう視覚的に楽しい演出っていいですね。

肉で肉を挟む! KFCのチキンフィレダブル

チキンフィレダブルをご存じでしょうか。

そう、ケンタッキーフライドチキンの「肉で肉を挟む」アレです。

まぁ常識的に考えれば、「カロリーやばい」とか「ぶたがダブってしまった(鶏だけど)」とか「サンドにする意味無くね?」とかいろんなことを考えてしまいますが、極限の空腹時、「ボリュームのあるものをガッツリ食べたい!」と考えてしまうわけです。

で、買ってみました。



上から撮影。一見クッキーに見えるけど、正体は肉です。鶏です。




チーズが2種類、ベーコンがちらりと覗いていますね。




ちょっと拡大。肉、チーズ、ベーコン、チーズ、肉…書いてるだけでなかなかえげつないボリューム。


で、食べてみました。パンがわり?の上下の肉は意外にさっぱりしてる。逆に言えばジューシィーさが足りない。まぁ油はベトベトだけど。厳しい言い方をすれば肉はパサパサしている。チーズはまぁアリだけど、ベーコンの存在感はあんまり無い。塩味はキツいんだけど美味しいって感じじゃない。


うーむ。総評としてはいまいち。カロリー過剰摂取のリスクを冒しながら食べたいものでもなかったかな。決定的なのは、フィレ肉にジューシィーさが欠けること。これなら普通にケンタッキーのオリジナルのチキンを食べた方が遥かに良かった。どうせこんなメニュー注文するのはカロリー上等な人たちに違いないのに、敢えてジューシィーさに欠けるフィレ肉にするとかやる事が中途半端過ぎます。個人的には。

ということでこれは「話のタネに食べてみ?」的なメニューですね。見た目とインパクトはすごかったです。

自宅で釜玉うどん+桃屋のラー油 → かまラー を作ってみた(釜玉ラー油うどん)

寒い冬には釜玉うどんが一番!ということで、またもや釜玉うどんを作ってみました。

今回は、ちょっと前にブームになった桃屋のラー油を使ってみました。

では、レシピから。

■讃岐うどん:100g
■生卵:1個
■だし醤油:少々
■桃屋のラー油:小さじ1くらい(好みで小さじ2もアリ)

で、材料の紹介も兼ねて作っていきます。




桃屋のラー油と卵。




讃岐うどん。半生タイプがオススメ。保存期間も長めだし味も生タイプと遜色無いしスーパーで買えるし。




はがくれで買った醤油。普通の醤油でもOK。醤油はまだ使いません。で、うどんを茹でていきます。茹で時間は、うどんのパッケージ裏に書いてあります。僕が買ったうどんは10分間でした。(釜玉うどんの場合)




桃屋のラー油スタンバイ。小さじ1程度。僕は小さじ山盛り1でした。この辺は、好みに合わせていいと思います。物足りないと思ったら後で追加もOKです。




うどんを皿に移し、卵を落とす。




かきまぜて醤油をたらしてまたかきまぜて…かまラー(釜玉ラー油うどん?)の完成!

桃屋のラー油でパンチが効いてて(意味不明)かなり美味しいです!


というわけで、かまラー、オススメです。

■参考
自宅でできる美味しすぎる釜玉うどん
食べてみて…釜玉うどんのバリエーション…!!

ひさびさにフルーツグラノーラが食べたくなった

以前、フルーツグラノーラにハマったことがあって、それからしばらくフルーツグラノーラ空白期間があったのですが、最近また「食べたいなぁ」と思ってきました。

というわけで購入!

カルビーのやつの森のめぐみが美味しいのでオススメです。



最強のウニ丼 中村屋のスペシャルウニ丼

先日、とある事情で北海道に行ってきました。そこで…北の最果ての地で神懸かったウニ丼にであいました。それは。

中村屋(リンク先食べログ)のスペシャルウニ丼。



これ。ムラサキウニとバフンウニの共演。

すごい。大盛り。ちょう大盛り。これでもかと言うくらうのウニ。海胆。うに。



真上から。



ななめ上から。


そして、いざ食べてみる。

…(沈黙)。


一緒に食べに行った友人と二人、言葉を失ってしまいました。マジで。美味い。美味すぎる。神だ。これは。神に会った。


「今まで僕が食べていたのはウニでなくゴミだった」


真剣にそう思いました。

口の中でとろける。甘い。美味い。信じられない。

無心で食べつくしました。


ところで、ムラサキウニの数量があまりとれないらしく、僕と友人の分の注文でムラサキウニが品切れになったようです。このスペシャルウニ丼を食べたい人は、要注意ですね。ともかく、北海道で西側(札幌や小樽を含む)に行く予定があるなら、絶対に一度は食べた方がいい一品です。

蛇足の説明ですが、ウニというのは鮮度が命なんです。

ウニ(wikipedia)

鮮度が重要視され、生きているものの殻を割ってその場で食べると特に美味であるが、(中略)市販されるものは、死んでから時間が経っているため、生臭さがあったり、保存や型くずれ防止のためにミョウバンやアルコールが添加され、食味、風味が劣ることも多い。
とある。つまり、市販のウニはミョウバンやアルコール添加のため風味が劣る。

だけど、この中村屋は、漁師直営の店で、とれたてのウニを調理してくれます。鮮度は最高。美味くないわけがない。これを食べたら、他の場所でウニを食う気が無くなります。本当に。。


で、あとは完全にオマケなのですが、その北海道に行ったときの様子をご紹介。



これは海鮮食道 北のグルメ亭で食べた海鮮丼。場外市場の店舗だったのですが、北のグルメ亭は結構メジャーなようですね。普通に美味しかったです。



ボタンエビ。旬の味でもうプリプリでした。



別の店になるのですが、ラム肉です。いわゆるジンギスカンってやつですかね。見た感じ、牛とは違うカットの方法のようです。



ちょっとアップ。分厚いですね。ステーキみたい。



焼きます。結構油がでます。


で、食べました。ラム肉。…美味しい!牛とは違う、ちょっと独特の感じがまたイケる!これだけ分厚い肉厚なのに、普通に噛める、千切れる、やわらかい。そこらの牛の焼き肉よりよっぽど美味しい。というか、全国の焼肉屋はラム肉を常備すべき。初めてこれだけのラム肉を食べましたが、ここまで美味しいとは思いませんでした。



ししゃも。海の幸ということで。



北海道では有名なラーメン屋、「すみれ」。結構な行列でした。



すみれの味噌ラーメン。僕はあまり味噌ラーメンが好きではないのですが、これは美味しい!スープの味も、麺の質感も、非常にマッチしててかなり美味しい。また食べに行きたいですね。

で、食事はこれくらい。あとは北海道の街並みとか観光地とか。



僕は割とグラソービタミンウォーターが好きなのですが、こういう自動販売機は初めてみました。さすが札幌、栄えてる。



ここからは神威岬の様子。中村屋と同じく、積丹(しゃこたん)半島にあります。



ちょっと登った。



女人禁制の地、は解禁されたそうですが、土砂崩れで入れませんでした。そういや、台風の名残か。



神威岬の景色。



駐車場の方をめがけて撮影。



灯台?の方は行けなかったので、写真だけ。



北海道はガラナがメジャーなのでしょうか。



小樽駅。雰囲気ありますね。改修中のようでした。



旧手宮線。廃線になったのが残っています。線路の上を歩いて隣の駅まで行けたりするようです。



旧手宮線の案内。



ここから小樽運河の倉庫。曇っていたから写真も暗いです。



倉庫。煉瓦の外観がいいですね。



旧高橋倉庫。ここは結構有名なようです。



旧高橋倉庫の看板。



旧高橋倉庫の中。オルゴール館のようです。



また旧高橋倉庫の中。



小樽運河食堂。時間が無かったので外観だけ。そういえば、イクラ丼が食べたかったなぁー。食べるの忘れてた。。。



ふれあいの泉。



小樽運河の浅草橋から。



小樽運河のほとりから。また倉庫。



鳥がいました。



ここにも鳥。



小樽運河のほとり。ちょっと暗い。


■番外編


名案内コナン。「真実はひとつ!」


てな感じで。北海道マジ素晴らしいです。是非ともまた行きたいですね。今度はラムユッケとか食べたい。



| 1/6PAGES | >>